Home九谷焼 動画 > 九谷焼を世界に発信…芸術祭『クタニズム』2年ぶりに実際の会場で開催へ 小松市・能美市で巡回展

九谷焼を世界に発信…芸術祭『クタニズム』2年ぶりに実際の会場で開催へ 小松市・能美市で巡回展


 

九谷焼を世界に発信する『クタニズム』が18日から2年ぶりにオフラインで開催されることになり、17日内覧会が開かれました。
九谷焼の芸術祭『クタニズム』は小松市と能美市が九谷焼を世界に発信しようと3年前に始めました。
去年は新型コロナのためオンラインのみでの開催となりましたが、今年は2年ぶりに小松市と能美市の2会場で巡回展が開かれます。
17日は、サイエンスヒルズこまつで内見会が開かれました。
九谷焼の絵付け技法「赤絵細描」を用いた作品では、小紋や花などが緻密に描かれています。
吉田幸央実行委員:
「昔からの伝統技術や複雑なプロセスを経た伝統技術というものがどうやって継承されてきたか見るのも一つ楽しいかなと」
宮橋小松市長:
「能美市と一緒に連携しながら九谷焼の魅力を世界に発信していきたいと思う。いろんな方が携わってこの九谷焼ができるのでその方々の思いに触れていただけるような機会を作っていきたい」
18日から開催されるクタニズムは、会場でトークショーやワークショップも予定されているほか、工房などのツアーも予定されています。
巡回展は18日から26日までがサイエンスヒルズこまつで、その後9月29日から11月7日まで能美市の浅蔵五十吉記念館で開かれます。

石川さんLiveNewsイット https://www.ishikawa-tv.com/minnano_news/
(2021年9月17日放送)
#九谷焼
#クタニズム
#赤絵細描

 


135 VIEW

関連記事一覧





Copyright © 九谷焼の世界 Kutaniyaki World All Rights Reserved.